インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

「80歳になっても20本以上歯を残す」ためのお手伝いをいたします

患者さまには、いつまでも食事を楽しんで、健康な毎日を送っていただきたいと考えています。そのためには、歯を残していくことが大切です。一人でも多くの方に80歳になっても20本以上歯を残していただきたい、その想いを持って治療から予防に至るまで多くのサポートをしています。
患者さまが抱えている症状に応じて、複数の治療の選択肢を提示できる環境を整えていますので、まずはお気軽にご相談ください。年齢を重ねても美味しい食事を楽しめる、健康なお口を一緒に目指しましょう。

治療の方針を教えてください。

予防を中心に患者さまの生まれ持った歯をできる限り残すことです。歯は食事を楽しむために欠かせない存在です。その歯を残すためにも、患者さまにはまず「歯の大切さ」を理解していただき、予防に対する意識を持っていただけるよう努めています。
「8020運動」をご存じでしょうか?これは、「80歳になっても20本以上歯を残しましょう」という運動です。なぜこのような考えがあるのかというと、残っている歯が20本を下回ってしまうと咀嚼能力(ものを噛んで飲み込む力)が低下してしまうというデータがあるからです。私は、一人でも多くの方に80歳で20本以上歯を残してもらうために、予防に力を入れています。
しかし、中にはそれが難しい方もいらっしゃいます。そのような場合におすすめの治療としてインプラントがあります。インプラントは、ご自身の歯のように噛むことができるので、歯を失ってしまった方でも自然な歯があった頃と近い感覚で食事を楽しんでいただけます。もちろん、費用面などデメリットも存在するため、無理に押しつけるということはありません。選択肢の一つとして紹介しますので、興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

治療時に気をつけていることはありますか?

治療の前後でお口の中の写真をお撮りし、どのように変化したのかを確認していただくようにしています。お口の中はご自身では確認できない部分が多い治療だからこそ、実際に見て実感していただくことが大切です。
また、患者さまのお気持ちに寄り添った治療を提供できるよう、治療の引き出しは多く用意しています。そのための勉強も続けており、患者さまが抱えているお悩みに広く対応するための体制作りに努めています。

自慢のスタッフということですが、どのような方がいらっしゃいますか?

私と同じような考え方をするスタッフが揃っていますので、スムーズに診療を行えていますね。第一に考えているのは「患者さまの大切な歯を残すこと」です。スタッフも私と同じ方向を向いて診療に当たってくれているので、治療はもちろん、設備も使いこなしてくれます。スタッフ一丸となって患者さまの歯をお守りするための診療を提供しているのが、当院の自慢です。

様々な設備を導入されていますが、どうしてここまで揃えようと思われたのですか?

揃えようと思ったのではなく、より良い治療を提供するために必要な設備を導入したらこのようになりました。私は、患者さまが抱えているお悩みにできる限り対応したいと考えています。そのためには、治療の引き出しを多く持つ必要があると考えました。しかし、中には専用の医療設備がないとできない治療もあります。その治療を提供するためにも、設備を多く導入しています。
また、これらの設備は私が通ってきた歯科治療に対する勉強の歴史が詰まっています。歯科医療では、どんどん新しい治療法などが登場しています。それらを勉強し、実際に患者さまに提供するに当たって自然と集まってきたのが、現在当院に導入されている設備です。勉強の結果でもあるので、一つひとつとても思い入れがありますね。

患者様との印象深いエピソードがあれば教えてください。

いくつも歯科医院を転々とされて当院に辿り着いた患者さまがいらっしゃいました。その方は、いくら治療をしても痛みが取れず、長いこと苦しんでいました。しかし、当院で診断をした結果、痛みの原因は歯ではなく、顎の筋肉が疲弊していたことによるものだったのです。その後治療をして、「それまでの痛みが取れた」と喜んでいただきました。
歯の痛みは、虫歯や歯周病だけが原因ではありません。歯自体には問題がなくとも、その周囲の組織の問題で痛みを伴うことがあります。そのため当院では、診査・診断に力を入れており、痛みの原因を特定したうえで、それに適したアプローチをしていくことを大切にしています。