診療案内

虫歯治療

当院では、できるだけ削らない治療を重視し、患者さまの歯を残すよう努めています。治療をする際は、レーザーを使った虫歯診断器や虫歯に色を付けるう蝕検知液などを使用し、悪くなっている場所だけを削るようにしています。重度の虫歯はMTAセメントなどを使ってできるだけ神経を残すように頑張ります。それでもだめな場合、歯の根っこ部分を処置して、症状の改善を目指します。

もっと見る

痛みが出るまで虫歯を放置していないでしょうか?「痛みがある」ということは、虫歯がひどく進行して神経まで達している可能性があります。そうなってから歯を削るとなると、治療自体が痛いものになりかねません。症状が浅く痛みが出る前に処置することで、治療時の痛みを軽減することも可能です。
虫歯は、お口の中に潜んでいる細菌が原因で発症する病気です。お食事をした後に、歯と歯茎の隙間や歯の間に食べ物が残っていると、細菌がそれらをエサにして繁殖して、歯を溶かす作用のある酸を出します。こうしてできたのが虫歯です。
そのため、虫歯を作らないためには原因となる細菌の活動を抑えることが課題になります。「歯を削って被せ物をしたらおしまい」とお考えの方がいらっしゃいますが、治療はあくまで現状を改善しただけです。その後も良い状態を維持するためには、再度同じ状態にならないよう、メンテナンスできれいな口内環境を維持することが大切になります。
治療が終わった後も、「カリエスフリープログラム」という、虫歯リスクに合わせた予防プログラムを作り、より良い状態を維持できるようサポートいたします。「治療が終わってからが重要」ということを理解していただいたうえで、率先して予防に取り組んでいただけたらと思います。

歯周病

歯周病は虫歯と同様、感染症の一種であり、歯を失う原因となってしまう病気です。大切な歯を残すためには、歯科医院とご自宅でのセルフケアを充実させることが大切です。当院では、悪化の原因を特定し、それに適したメンテナンスの提供やアドバイスを行い、歯周病が進行しにくいお口を目指します。

もっと見る

歯周病治療で大切なことは「リスクコントロール」です。原因となる菌は磨き残しや食べカスをエサに繁殖してしまいます。普段きちんと歯磨きをしているという方でも、磨けている「つもり」になっているだけで、落とし切れていない汚れが溜まっているケースは少なくありません。その磨き残しが再発のリスクを高めてしまいますので、定期的に歯科医院でお口のメンテナンスを行うことが大切です。
メンテナンスでは、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を用いて、お口の中全体をきれいにお掃除していきます。歯磨きでは落とし切れない細部までお掃除することで、問題を発症させるリスクを軽減することが期待できます。
さらに、ご自身でも清潔なお口の環境を維持できるよう、ブラッシング指導を行っています。歯の形や大きさ、抱えているリスクは人それぞれ異なりますので、その方に適した方法でセルフケアができるようサポートいたします。
大切なのはご自身のお口の健康に関心を持つことです。ご自身が抱えているリスクを知るということは、お口に対する意識を持つきっかけになると考えています。そのため、患者さまごとにどのようなリスクを抱えているのかを細かく診断して、その情報を共有しながら治療計画を立てるようにしています。

顎関節症

歯の痛みは、虫歯や歯周病が原因とは限りません。顎関節症のように、お顔周りの筋肉が緊張していることにより、引き起こされる痛みもあります。「痛みがあるから」と単に歯を削るのではなく、何が原因で痛みが出ているのかを特定することが大切です。

もっと見る

歯の痛みには、「歯原性歯痛」と「非歯原性歯痛」というものがあります。歯原性歯痛とは、虫歯や歯周病など、直接歯に問題が起きることで生じる痛みです。一方、非歯原性歯痛は、顎関節症のように、歯自体には原因がない痛みのことです。非歯原性歯痛を歯原性として治療しても、痛みが軽減されるということはありません。だからこそ、痛みの原因を特定することが重要です。
当院は細やかな診断に力を入れており、痛みの原因が何なのかを把握したうえで、症状に適したアプローチをしていきます。場合によっては、お顔周りの筋肉を触診し、痛みのある歯からどこの筋肉が緊張しているのかを確認していきます。
診断の結果、痛みの原因が歯ぎしり・食いしばりによるものであれば、寝ている間にはめるマウスピース(ナイトガード)を作製し、症状を緩和させていきます。顎関節症であれば、症状に応じてレーザーを使い分け、神経への負担を軽減していきます。診断の結果、当院での治療が難しいと判断した場合には、連携している大学病院を紹介することも可能です。
非歯原性歯痛は、ご自身では原因が分かりにくい痛みであるからこそ、歯科医院での検査が重要です。当院は各種検査機器を充実させて、その検査結果を基に、分かりやすく原因をお伝えいたします。

美容診療

当院の美容診療のコンセプトは、「美しい笑顔・自信を持てるような口元」を取り戻すお手伝いをすることです。特に被せ物は、銀歯のような金属をできるだけ使用しないようにしています。代わりにお身体への害が少ないレジンと呼ばれるプラスチック素材や、自由診療の素材を提案するようにしています。

もっと見る

レジンを使用できない場合、当院ではセラミックを使用した被せ物をおすすめしています。セラミックは陶材を使用しているため、白く透明感のある仕上がりにすることができ、お口の中に入れた後も目立ちにくいことが特徴です。
汚れが付着しにくいという特性を持っているので、虫歯の再発を抑えることも期待できます。さらに、金属を使用していないため、金属アレルギーをお持ちの方であっても問題なく受けられる治療です。
もちろん、セラミック素材は自由診療となるので、無理に押しつけるということはありません。患者さまには、素材ごとのメリット・デメリットをお話ししますので、納得のいく選択をしていただければと思います。他にも、歯を白くするホワイトニングも用意していますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

入れ歯・義歯

入れ歯というと「噛めない」「目立つ」というイメージが根付いており、治療を避けている方がいらっしゃいます。当院は、「噛める」入れ歯作りに取り組んで、そのために必要な知識や技術を多く蓄えています。それらを十分に活かし、患者さまのお口にフィットする入れ歯になるよう努めています。

もっと見る

入れ歯には、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。総入れ歯は、歯がすべてなくなってしまった際に使用するものです。バネをかけることがない分、がたつきやすいというデメリットを含んでいます。そのがたつきを軽減するために、床部分と粘膜が接する部分を真空にし、ピタッと吸着させていきます。
一方、部分入れ歯では金属のバネを使用して固定するため、そのバネが目立つことに抵抗を感じる方がいらっしゃいます。そのような方には、金属のバネを使用しない見た目が自然なノンクラスプデンチャーをおすすめしています。この他にも様々な素材を取り扱っていますので、どうなりたいと思っているのか、患者さまの想いをお聞かせください。ご希望に添った入れ歯を提案いたします。

矯正歯科

矯正と聞くと見た目を良くするイメージが強いですが、それ以上に歯並びが整いお口のケアがしやすくなることで、虫歯や歯周病になりにくい口内環境を目指せるメリットがあります。健康を土台とした美しい口元を目指せるのが、矯正治療の本当の価値だと考えています。

もっと見る

当院の矯正では、上顎と下顎で使用する装置が異なることが特徴です。上顎には、歯に付ける装置に白く目立ちにくいものを採用しています。上側の前歯は特に目立ちやすい位置にあるため、このような配慮をしています。下顎にはワイヤーを用いた矯正装置を使って、しっかり歯を動かしていきます。
また、矯正治療は睡眠時無呼吸症候群やいびきに対しても、有効な治療法の一つです。歯並びを整えることで気道が拡大され、呼吸法が改善されることで症状が緩和も期待できます。興味のある方はぜひご相談ください。

睡眠時無呼吸治療

眠っている間に断続的に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群には、医科での治療が一般的に行われます。しかし、それだけではなかなか改善が見られない方を対象に、歯科的なアプローチで症状を改善するという方法があります。その際には専用の装置を作製し、医科と連携をしながら治療を進めていきます。

もっと見る

治療を行う際は、まず医科で現在の睡眠状態を確認し、どの程度の症状なのかを診断します。その診断結果を基に、医科的アプローチが良いのか、歯科的なアプローチが良いのかの判断し、実際に治療を行ってどれくらい症状が改善されたかを定期的に確認していきます。
当院では主に、日本歯科大学附属病院と連携して、睡眠時無呼吸症候群の治療を行っています。

インプラント

インプラントは顎の骨に自立した人工歯を入れられるので、歯を失った方でも、自然な歯があった頃と近い噛み心地を目指せます。当院では、歯科用CTによる診断結果を基に手術のシミュレーションを行い、できる限りリスクの少ないスムーズな治療に努めています。

もっと見る

「食べ物を力強く噛める」「自然な見た目に仕上がる」など、インプラントには多くのメリットがあります。しかし、その一方でデメリットも存在します。その一つが、メンテナンスを怠ると外れてしまうということです。
インプラント治療において、定期的なメンテナンスは欠かせません。継続してメンテナンスを行う意志が弱い場合には、治療をすべきではありません。事前にデメリットについても十分に説明しますので、理解・納得したうえで治療を選択していただきたいと思います。

ドライマウス

ドライマウスは、唾液の量が少なくなってしまう病気です。唾液が少なくなってしまうとお口の中が乾燥するので、虫歯につながる細菌が繁殖しやすくなったり、口臭がきつくなったりと、生活に支障を与える可能性があります。

もっと見る

原因として考えられるのは、「噛む筋力が低下している」「ストレス」「薬の副作用」などが考えられます。治療ではまず、唾液の分泌量を計測することから始めていきます。ドライマウス治療では、鶴見歯科大学と連携を取っており、患者さまが抱えているお悩みに適したアドバイス・指導ができると考えています。